HOME 概要 サブプログラム 担当者一覧 ヤングブレインズ21 お問い合わせ


海外・国内派遣支援について


1. 趣旨
   平成19年度に採択された本研究科の大学院GP「理学の実践と応用を志す先端的科学者の養成」では、大学院生諸君の国際・国内研究会出席や野外研究活動に関わる外国・国内派遣を支援します。本支援事業では、2010年3月末日までに実施するものを対象とします。院生諸君の積極的な申請を期待します。

2.申請について
  平成21年度は、博士課程(博士後期課程)在学中の学生を主な対象に、海外における研究集会、野外調査活動に関する海外派遣を中心に援助いたします。第二回申請を開始いたします。ただし募集の有無と締切日は専攻ごとに異なります。再募集の可能性については、各専攻GP担当委員にお問い合わせください。申請にあたっては以下の点に注意して、下記申請書をダウンロードの上、各専攻提出先に提出してください。締切後直ちに審査し、採否を通知いたします。

3.申請上の注意
  (1)本年度海外派遣支援は博士課程の学生を主な対象とします。修士課程(前期博士課程)在学者による申請については、各専攻のGP委員に相談してく ださい。
  (2)支援は研究集会への参加講演が優先されますが、研究調査や共同研究実施など、そのほかの場合でも支援される場合があります。
  (3)旅費・滞在費のほか、研究集会の参加登録料も援助対象となります。
  (4)国内出張(研究集会講演など)も当面支援の対象になります。詳しくは各専攻のGP委員に相談してください。
  (5)専攻によっては事務手続きなどの都合上、派遣支援期間を今年度末(2010年3月末)より早い時期までに制限する場合があります。詳しくは各専攻のGP委員に問い合わせてください。

4.各専攻申請書提出先
数学専攻:数学事務室 須藤
物理学専攻:GP委員 川勝年洋(9月18日締切)
天文学専攻:GP委員 千葉柾司
地球物理学専攻:大学院GP担当秘書 長谷部
化学専攻:GP委員 河野裕彦
 地学専攻:GP委員
 中村美千彦・ 石山 達也
(両名に送って下さい)

5.事業終了後の報告
   派遣終了後に所定の仕様の報告書を2010年3月12日(金)迄に提出してください。

平成21年度派遣支援の申請書 Word Pdf  
     
平成21年度派遣支援の報告書 Word Pdf
     

 

© 2007, Graduate School of Science, Tohoku University. All Rights Reserved.