HOME 概要 サブプログラム 担当者一覧 ヤングブレインズ21 お問い合わせ

TOEFL−ITP試験の実施



英語力の判断のため、TOEFL−ITPの試験を行います。理学研究科・理学部に在籍する院生・学生は無料で受験できます。


社会の国際化が急速に進んでいます。皆さんの周りには、多くの留学生や海外からの研究者がおられるのではないでしょうか。また、海外留学を希望していらっしゃる方もいることでしょう。
国際化社会を自在に生きるには、英語を身につけることが必要です。理学研究科・理学部では、昨年度に続きTOEFL-ITP学生・院生の皆さんに加え、研究生、COEフェロー等常勤の職についていない人も対象 (100名程度) に受験していただき、その結果をもとに、本学における現行の英語教育のもとで皆さんの英語コミュニケーションの力がどのような状況にあるのかを把握し、今後の検討・判断の基礎資料とします。 今回のTOEFL-ITPの受験料は大学側が負担することとし、試験の成績は各個人に統計資料とともにお知らせいたします。

 

TOEFL-ITP受験受付
 

昨年度に続き,理学研究科・理学部の学生・院生(研究生,COEフェロー等,非常勤職の人も含む)を対象として,TOEFL-ITP試験を行うことと致しました.受験料は無料です.
つきましては,受付を下記の通り行いますので,受験希望者は期間内に申し出て下さい

  • 受付期間:2011年1月11日(火)〜1月24日(月)*8:30〜17:15
  • 受付場所:理学研究科・理学部 大学院教務係(中央事務棟)
  • 試験日:2011年2月17日(木)午後、2時間程度を予定
  • 持参するもの:特に必要ありません
  • ポスター:PDF

 

(注)本試験は,平成19年度に採択された大学院GP「理学の実践と応用を志す先端科学者の養成プログラム」の継続事業の一環として行われるものです.
(注)TOEFLは米国の非営利教育機関であるETSが開発した英語を母語としていない人の英語力測定試験のことです.TOEFL-ITPは団体向けテストプログラムで,過去のTOEFLで出題されたものを再印刷して利用しています.TOEFL-ITPには公的効力はありませんが,出題形式や採点方法はTOEFLに準じており,そのスコアはTOEFLと高い相関があります.詳細は以下を参照して下さい.http://www.cieej.or.jp/toefl/itp/navi.html

 

© 2007, Graduate School of Science, Tohoku University. All Rights Reserved.