東北大学 大学院理学研究科・理学部

トップ > 東北大学理学研究科・理学部とは > 理学研究科長から

ABOUT 東北大学理学研究科・理学部とは

理学研究科長から

    我々を取り巻く世界はどうなっているのか?我々は何処から来て何処へ行くのか?このように誰もが疑問に思うことを、自然を対象に追求する学問が現代の"理学"です。理学部の使命は、理学の最前線で研究、教育を行なうことにより、人類共通の新たな知的資産を生み出し、その知識を体系化して未来へ継承することです。

    新しい知のフロンティアを開拓するためには、先人達が積み上げてきた学問を良く理解し、好奇心と想像力を活かして自ら考えることが重要です。自分の専門分野を大切にし、多様な分野の学問に触れ、人と交流することが想像力を活性化するのです。本学理学部は数学科、物理学科、宇宙地球物理学科、化学科、地圏環境科学科、地球惑星物質科学科、生物学科の7つの学科が設置されており、ほぼ全ての理学分野をカバーする日本でも最大規模の理学部です。このような多様な分野の教員、研究者、学生達が同じキャンパスで研究教育、勉学に励んでいます。その結果、数学と化学・物性物理学、素粒子物理学と地球科学、化学と生物学といった分野で連携が進み、新たな学問を生み出しつつあります。

    多様性は学問分野のみならず、学生個人のバックグラウンドにおいても重要です。異なる環境で育ち、異なる経験を持つ人間の集団が新しい力を生み出します。2016年4月に入学した本学理学部の新入生は、全国39都道府県の高校の出身者であり、東北6県の高校の出身者は25パーセントに過ぎません。また、現在、本学大学院理学研究科では大学院学生の約15パーセントが外国からの留学生です。

    今まで、自分の知らなかった知識、経験、価値観、世界観を持つ多様な人々と交流することは、学業のみならず人生を歩む上で大きな糧になることは間違いありません。緑豊かな青葉山のキャンパスで、皆さんと一緒の時間を過ごすことを楽しみにしています。若い人達の力に期待しています。

2016年4月

理学研究科長 早坂 忠裕

理学研究科長
早坂 忠裕
hayasaka.gif

東北大学理学研究科・理学部とは

FEATURES

先頭へ戻る