東北大学 大学院理学研究科・理学部

トップ > 東北大学理学研究科・理学部とは > 理学研究科長から

ABOUT 東北大学理学研究科・理学部とは

理学研究科長から

    科学の起源は、紀元前6世紀ころにあり、自然現象を観察し分類することから始まりました。したがって、自然を主な研究対象とする理学は、様々な科学分野のうちでも、最も伝統ある分野といえます。科学の英語表記である"Science"を理学の英語表記が同じく冠している通り、理学はまさに科学を代表する学問分野であるということが感じられると思います。

    "Science(=理学)"は「知りたい」や「面白い」といった純粋な探求心・好奇心に端を発する、「知の創造」をその本質に備えた学問分野です。理学部の使命は、先人達が明らかにしてきた「自然の理(ことわり)」を良く理解し、想像力とチャレンジ精神をもって「知の創造」を開拓することで人類共通の知的資産を生み出すとともに、その体系化を通じて未来へと継承することにあります。

    本学理学部は、100年以上の長い歴史を誇る国内でも最大規模の理学部の一つで、数学科、物理学科、宇宙地球物理学科、化学科、地圏環境科学科、地球惑星物質科学科、生物学科の7学科から構成されており、幅広い分野にわたって最先端の研究を展開しています。このように多様な分野を包括する理学部は、分野の融合を通じて新たな「知の創造」の活力を生み出すばかりでなく、様々な人との交流をもたらします。異なるバックグランドを持つ人との出会いは新たな経験や知識の習得にとどまることなく、多様な価値観や世界観への気付きをもたらし、間違いなく皆さんの人生を豊かにします。

    緑あふれる青葉山のキャンパスで、若き皆さんとともに新たな「知の創造」に向けた取り組みができることをとても楽しみにしています。

2017年4月

理学研究科長 寺田 眞浩

理学研究科長
寺田 眞浩
terada.gif

東北大学理学研究科・理学部とは

FEATURES

先頭へ戻る