東北大学 大学院理学研究科・理学部

トップ > 東北大学理学研究科・理学部とは > 教育方針

ABOUT 東北大学理学研究科・理学部とは

教育方針

理学部アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

理学とは自然界の仕組みを究明する最も基礎的な学問であり、素粒子、原子核、原子、分子等のミクロな世界から生命、地球、宇宙等のマクロな世界に至るまで広範な領域を扱います。理学部は7つの学科と 7つの附属研究施設を持つ我国有数の理学教育研究機関として、21世紀をリードする優れた研究者と、理学的素養を活かして多方面で活躍する指導的人材の育成を使命としています。理学に対する強い興味、柔軟な発想や思考力、問題を解決する高い能力を持ち、知的好奇心と向上心の旺盛な人の入学を望んでいます。

  • AO入試Ⅱ期:各専門分野への強い好奇心、豊かな感性と鋭い直感力、柔軟かつ論理的な思考能力を持った人材を選抜します。我こそはという諸君等を歓迎します。
  • 科学オリンピック入試:各専門分野への強い好奇心、豊かな感性と鋭い直感力、柔軟かつ論理的な思考能力を持つとともに、科学オリンピックにおいて秀れた成績を修めた人材を求めています。
  • 国際バカロレア入試:各専門分野への強い好奇心、豊かな感性と鋭い直観力、柔軟かつ論理的な思考能力を持つとともに語学力、コミュニケーション能力、国際理解を持ち、グローバルに活躍できる人材を求めています。
  • グローバル入試Ⅱ期:化学科先端物質科学コースでは、時代を切り開く新技術基盤として重要な物質科学を先導する研究者を養成します。特に多様な国籍の学生が集まる本コースの特徴を活かすべく、将来国際的に活躍する人材を求めています。
  • 国際学士コース入試:化学科先端物質科学コースでは、有機分子、無機材料、生体物質などの多様な物質の性質を究明する基礎科学であり、また、時代を切り開く新技術の基盤として重要性を増している先端物質科学を先導する研究者を養成します。多様な国籍を持つ学生が集まる本コースの特徴を活かし、日本及び諸外国で国際的な活躍を目指す人材を求めています。

理学部カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

2年次の前半までは系別に教育を行い、人文・社会科学,自然科学、外国語を含む幅広い教養、また英語や情報処理活用の実際的な能力を身につけさせるとともに、高学年の専門教育を受けるために必要な理学の基礎教育を行う。2年次後半からは学科別に、より分化した専門教育を実施する。3年次後半または4年次からは研究室に所属して、第一線の研究の一端に触れ、主体的に研究を進めることのできる能力を養成する。

理学部ディプロマポリシー(学位授与の方針)

理学各分野の基礎知識を習得し、大学院で高度な教育を受ける能力、また、理学の基礎知識を活用し、社会の広い分野において重要な役割を果たすことのできる能力を身につける。具体的には各学科の定める必修科目を含め、卒業要件をみたす単位数を修得すること。

理学研究科アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

理学研究科が入学者に求める人間像は、次のとおりです。

  • 理学を学ぶために必要な基礎学力を有し、本学における勉学に強い意欲を持っている人
  • 自由な発想と独創性をもって自然の真理の探求と創造的な研究に取り組める人
  • 人間性と倫理性を備え、人類の知的財産を継承し、次世代の自然科学と科学技術の発展に寄与したいという意欲を持っている人
  • 科学的思考能力を基礎に自らの研究成果を広く国際社会へと展開し、人類の文化と福祉の向上に貢献する研究者・技術者となる意欲を持っている人

理学研究科カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

[理学研究科の理念・目的に沿いつつ、以下の方針により大学院教育課程を編成・実施する。]

  • 博士課程前期2年の課程
    理学各分野の高度な専門教育を行い、また研究指導を通じて問題解決、コミュニケーション、論文作成、プレゼンテーションの能力を養うとともに、科学全般に関する素養を含めた全人的な能力を高める。
  • 博士課程後期3年の課程
    最先端の理学各分野の研究を通して、博士論文作成を指導し、科学技術分野を先導する研究者に求められる能力を養うとともに、科学全般に関する高度な素養を含めた全人的な能力を高める。

理学研究科ディプロマポリシー(学位授与の方針)

[理学研究科の理念・目的に沿いつつ、以下の方針により学位を授与する。]

  • 博士課程前期2年の課程
    理学各分野の高度な知識を習得し、科学全般の素養を備え,理学の分野をはじめ社会の広い分野において主導的役割を果たすことのできる能力を身につけていること。具体的には各専攻の定める必修科目を含め、修了要件をみたす単位数を修得し、修士論文を含めた最終試験に合格すること。
  • 博士課程後期3年の課程
    理学各分野の高度な研究能力と学識、科学全般の高度な素養を備え、国内外で理学の先端的研究を自立して発展させることのできる研究者と同等の能力を身につけていること。具体的には各専攻の定める必修科目を含め、修了要件をみたす単位数を修得し、博士論文を含めた最終試験に合格すること。

東北大学理学研究科・理学部とは

FEATURES

先頭へ戻る