東北大学 大学院理学研究科・理学部

トップ > 受験生の方へ > 入学金・奨学金

FOR PROSPECTIVE STUDENTS 受験生の方へ

入学金・奨学金

諸費用

学部・大学院の諸費用は下記のとおりです。

諸費用(平成30年度)

検定料 入学料 授業料
学部学生 30,000円 282,000円 535,800円/年
大学院生 30,000円 282,000円 535,800円/年
研究生(学部・大学院) 9,800円 84,600円 29,700円/月
科目等履修生 9,800円 28,200円 14,800円/単位
特別聴講学生 -円 -円 14,800円/単位
特別研究学生 -円 -円 29,700円/月
  • ※学部学生及び大学院学生の授業料は、年額です。
  • ※科目等履修生及び特別聴講学生の授業料は、1単位に相当する授業についての額です。
  • ※特別研究学生の授業料は、月額です。

日本学生支援機構による奨学金

学業成績及び家計状況などの書類審査を経て候補者が推薦されたのち、奨学生としての採用が決まります。

日本学生支援機構による奨学金(月額)

(第一種奨学金)

学部(平成29年度以前入学者) 学部(平成30年度入学者) 大学院
自宅通学 自宅外通学 自宅通学 自宅外通学 博士前期2年 博士後期3年
45,000円 51,000円 20,000円
30,000円
または45,000円
20,000円
30,000円
40,000円
または51,000円
50,000円
または88,000円
80,000円
または122,000円

(第二種奨学金)

学部 大学院
20,000円から120,000円までの間で1万円単位で選択 50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、または150,000円

奨学生採用状況 平成31年1月現在(人)

種別学年 学部 博士前期2年 博士後期3年
1年 2年 3年 4年 1年 2年 1年 2年 3年
日本学生
支援機構
一種 36 43 50 85 214 102 93 195 11 14 17 42
二種 36 42 44 50 172 7 16 23 0 0 0 0
給付型 7 0 0 0 7 - - 0 - - - 0
その他(民間財団等) 3 3 1 4 11 5 2 7 4 0 0 4
82 88 95 139 404 114 111 225 15 14 17 46
  • ※外国人留学生分を除く


日本学生支援機構による奨学金の他に、都道府県等の地方公共団体、民間事業団体、個人の奨学財団等による奨学生の募集があります。学科等の推薦を受けて申し込み、採用の場合は貸与を受けることができます。(本人が申請する場合もあります。)


  • 奨学生募集地方公共団体(平成30年度)

    札幌市、松江市、石川県、山口県、岐阜県、和歌山市、八戸市、新潟市、いわき市


  • 奨学生募集民間財団等(平成30年度)

    帝人久村、戸部眞紀、旭硝子、小堀雅久、佐藤定雅国際、新日本奨学会、三菱UFJ信託奨学財団、日揮実吉奨学会、岩井久雄・山口育英会、日鉄鉱業、庄慶会、味の素、亀井記念財団、あしなが育英会、交通遺児、似鳥国際奨学財団、JEES日本語教育普及奨学金、尚志社、田中貴金属記念財団、清川秋夫、邦育英会、林レオロジー記念、坪井募金、本庄国際奨学財団奨学生、JEES、ソフトバンクAI人材育成奨学金、サントリー生命、日東紡奨学生、クロサワ育成財団

授業料免除・徴収猶予・分納

授業料は、4月と10月に分けて納付することになりますが、経済的理由により納付することが困難であり学業成績が優秀な者は、選考により免除(全額又は半額)されることがあります。また、期限までに納付することが困難な場合には、徴収猶予・月割分納の制度もあります。

授業料・入学料免除状況(平成30年度)(人)  ※東日本大震災及び熊本地震に伴う経済支援を含む

授業料免除 入学料免除
前期分 後期分 学部 大学院
学部 大学院 学部 大学院 前期2年 後期3年
出願者数 179 241 420 189 233 422 0 59 6 65
全額免除者数 80 89 169 87 80 167 0 10 0 10
半額免除者数 80 125 205 82 139 221 0 0 0 0
不許可者数 19 27 46 20 14 34 0 49 0 49

褒賞制度

理学研究科・理学部には青葉理学振興財団があり、大学院および学部学生で学業成績の優秀な学生を次のような賞で表彰しています。

褒賞制度(人)

賞の名称 対象学生 平成30年度表彰人数
青葉理学振興会奨励賞 理学部3年生 10
青葉理学振興会賞 大学院学生 5
青葉理学振興会黒田チカ賞 大学院(博士課程後期・女子) 3

受験生の方へ

FEATURES

先頭へ戻る